釣りでお小遣い稼ぎ!ウナギを売りさばこう

川に行って魚釣り。大きい魚ならば自宅に持ち帰って焼いて貰ったりもできます。その場で塩焼きにして食べるのもいいです。田舎暮らしをしている人ならば経験があるでしょう。大人になるとなかなかそういった機会も少なくなります。ですが、これが想像以上の副収入になったりします。狙い目は「ウナギ」です。実際には川でよく釣れるのです。

今回は【ウナギを釣ってお小遣いかせぎをすること】をご紹介しています。

ウナギ釣りをする場合は鰻専用の針があります。製品のレベルが良いものでも30メートルで1,500円程度です。安い製品ならば50メートルで500円です。とてもリーズナブルです。仕掛けるコストはこれだけです。釣ったウナギを入れるバケツやカゴは自宅にあるものを使えばいいでしょう。

仕掛けをするのも簡単です。
伸ばした糸にウナギ釣り専用の針を1メートル間隔程度で吊していくだけですから誰でもできます。連れる確率をあげるためには多くの仕掛けを用意するだけです。重りはその辺に転がっている石を付けるだけで充分です。敢えて購入すると副収入が減るだけです。無駄な出費は極力控えることが大切です。

完成した仕掛けをウナギが生息している川に仕掛けます。
可能ならば川を横断させる方法で仕掛けできれば最高です。仕掛ける場所も深いところよりも浅めのほうがウナギはかかりやすいです。インターネットで下調べしておくといいでしょう。

釣れたウナギはどこで売ればいいのでしょうか?
料亭・鰻専門店・居酒屋があればベストです。普通は仕入先から仕入れるでしょう。けれどもウナギは高級ですから個人から買ったほうが安く買えます。それも天然物です。市場に持って行ってもいいでしょう。ですが素人だと足元を見られます。相場は1キロ2,000円から3,000円です。お互いに信頼関係ができれば買い取って貰えます。あとは漁業権のからみがあります。犯罪にならないように確認しておきましょう。

関連記事