副業で稼ぎ過ぎると金銭感覚が狂ってくる可能性あり

私はフリーター時代にメインのアルバイトとは別に、とある副業をやっていたのです。
実家暮らしとはいえ、携帯代やネット料金などは自分で払わないといけなかったので、アルバイトの稼ぎだけでは厳しかったのです。

さて、私がやっていた副業ですが、それはメールレディのお仕事でした。
簡単に言えば、男性とメールでやり取りすることによって、報酬をもらえる少し変わったお仕事なのです。

報酬は男性が私に送ってくれたメールの数によって決まるのですが、これが思いのほか稼ぐことができたのです。
私は元々チャットが得意だったこともあり、男性とのメールのやり取りもスムーズに行うことができました。

それによって、常連男性を何人も作ることができ、毎日10通以上もメールを送ってくれる人もいたので、かなりの収入を得られるようになったのです。
歩合制なので毎月の収入は異なりますが、平均で月に11万円ぐらいは稼げたと思います。

アルバイトの方の収入が月に9万円ぐらいですから、何と副業の方が稼げていることになるのです。
こうなったら、むしろメールレディの仕事がメインに思えるかもしれませんが、費やしている時間は圧倒的にアルバイトの方が多いのです。

就職をした今では、もうこの仕事はやっていませんが、副業で稼ぎすぎるのも逆に危ないと思ったのです。
金銭感覚が狂ってしまいそうですし、あまりにハマってしまうと他の仕事ができなくなってしまうかもしれないので、フリーターの期間中だけ行っていたわけです。

本来副業というのは、本業をサポートするような役割ですから、それを超えてしまっては元も子もないのです。

関連記事